"営業戦略の立て方"で考えないといけない事


002099_li.jpg
今月も営業計画通り目標達成頑張ろう
arrow42-028.gif営業成績を向上させる5つの実践手法

営業戦略の立て方企業で営業計画を立てて計画通りに進むように、
日々の営業活動を行なっていると思いますが、
しっかりした営業計画をたてている
企業はどの位あるのでしょうか?

営業戦略の立て方先ず最初に最終的な数字があって、
あとから合計金額が合うように調整して営業計画
立てていたり、なんの根拠も無く前年対比の一律の%で
営業計画をたてている場合も多いのでは無いでしょうか?


飛び込み営業極意クロージングテクニッツクで契約率UP間違いなし

確かにいくら綿密に考えて営業計画を立てても、
計画通りに以下ない事が常ですし、計画に縛られすぎてしまって
硬直化してしまっても良くないですね。

基本的に営業計画を立てる場合
1>長期的な戦略があって
2>実現させる為に行なうべき行動や施策を考えて
3>最終的には個人レベルまで営業計画を行動レベル
  実績レベルまで落としこむ

基本的な流れになりますが、1ヶ月単位なりで進捗や計画に
無理が無かったかどうかを検証する必要が有ります。

bn1-28a.jpg

スポンサードリンク


営業戦略の立て方企業の中には一度立てた
営業計画は絶対で、いかに計画に無理が有っても
それを口に出せないような企業も有るようですが、
現場レベルで絶対にクリア出来ないような営業計画だけが、
先行していて、個人レベルに落とし込んで営業マン
発破を掛けるだけでは、モチベーションが下がる
原因にもなりかねないと思います。

出来れば、経営レベルで営業計画を立てる前に、
個々の営業マンが個別に自分だけの営業計画を立てて、
出来上がった計画を集計しまして、それを参考資料として
全の営業計画を立てるのも良いと思います。

営業戦略の立て方で注意する事は
まず今月の目標数値を立てそこから落とし込んでいくやり方
この方法は変わりません

002099_li.jpg

スポンサードリンク


タグ:営業戦略の立て方 飛び込み営業
| 営業戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。