飛び込み営業上手な方法


飛び込み営業上手な方法
人それぞれ違いますが

飛び込み営業の効率はを
考えなければいけませんぴかぴか(新しい)


個人宅や非常に大きな商店街であれば、
朝から夜までローラーを行う場合
会話の程度や業種などにもよりますが、
300〜400くらい出来ます。

ターゲット別であれば、
距離や移動時間などにもよりますが、
20〜40くらいです。
効率から考えると
電話営業のほうが数はこなせます。

電話はほとんどの企業や家にあります。
では電話営業が一番かと言うと
これが案外そうでもありません。


しかし


人は不思議なもので、
見た途端、親しみを感じる人もいますね。
何となく面白さが伝わる人もいます。

この武器は非常に大きいのです。

電話営業は緊急度が高いツールなので、
飛び込み営業法とは違う意味があります。
営業は効率は大事ですが、
その持ち味の長所があるので、
目標達成するための多くの営業方法の
ひとつという感じで良いのだと思います

飛び込み営業似なれてくると、
本当に独特な雰囲気が出て、
一瞬で決めるようなことも可能です。
これは電話営業ではできません

スポンサードリンク


飛び込み営業上手な方法

飛び込みは出来なくて、
電話が得意と言う人はいません。
電話が苦手で飛び込みは
出来る人はいるかもしれませんが、
電話の技術を学ぶほうが、
飛び込み営業でもスキルは上がります。

スポンサードリンク


タグ:飛び込み営業方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。