飛び込み営業上手な方法教えます


飛び込み営業上手な方法ですが

一般的に飛び込み・訪問セールスには
良い印象が持たれていません。
相手の都合も考えずに来て長々と喋り、
仕事の邪魔をするというイメージがあります。

初対面ですので
飛び込んだその時に
話をしようと思わない事です

私は1回目の飛び込みには
「この地区を担当することになり、ご挨拶に参りました」
などと言ってあまり長居せず、
相手に悪い印象を持たれないようにしました
もちろん、相手に時間があれば営業トークもします。

相手について情報を得る
担当が不在、忙しい等の時に
飛び込んでで、出来れば
アポイントを取ります
担当の都合のよい時間帯
最低限電話番号は聞いて下さいひらめき

スポンサードリンク


飛び込み営業上手な方法としては

1>何をしている会社か?
2>ニーズは有るか?
3>同業者取引あるか
4>担当者は決済権有るか

この変を聞いて置くと
次の営業につながりますexclamation×2

その日の夕方か翌日に電話して
改めてキーマンにアポをとります。
これが基本的な流れですぴかぴか(新しい)

スポンサードリンク


タグ:飛び込み営業方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。