飛び込み営業 極意進め方


営業の方法は沢山有ります
業種、業態によりやり方を変えなければ
いけません
前回は新規開拓<工場をターゲット>
として書きました
少し理解したもらったと思います
営業事態はそれ程難しい事では
有りません

営業戦略の立て方<工場の場合>
飛び込み営業極意やる事事は一つ量です
営業の仕方で説得上手は古いかも分かりません
飛び込み営業方法も時代の変化でかわらなくちゃ

今回は、無人受付の場合を書きます
受付の手間コストを低減する為に
無人の受付儲ける会社が多くなってきています

オフィスの入り口に入ると電話機と横に
部署の案内が貼って有るのを見たこと有ると
思います

皆さんどうしますか?

スポンサードリンク


ここにもやり方が有ります

会社の全貌が分かり飛びこみ営業
する側に取っては、有りがたいシステムです

関連会社の<系列>会社の部署名も入って
いる場合も有ります
<<売り込み先がイメージ出来ます>>
私が良くする事は、役員、部門長、担当者
が分かる為直接本人にコンタクト出来ます

飛び込み営業極意見てくれも大事です

私は、この組織図をノートに写し
部署名、内線番号を書きます

会社に帰り再度チェックをして
直接担当者に電話します

担当者でない人に繋がっても
名前教えてくれ、電話回して
くれる場合も有ります


         ひらめき目
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。