"営業戦略の立て方"工夫が大切です



bn1-28a.jpg










飛び込み営業する場合、事前順備
が大事です
予備知識無く飛び込んでも、門前払いされる事
多いです

<商店の攻め方>
飛び込み営業商店<お店>をターゲット
にした場合
営業マンは比較的お店は、情報が収集しやすい
顧客です

営業マンは客のように店の中に入り商品を
見て廻る
チェックポイントとして
1>店の広さ
2>ゴールデンラインの陳列商品
3>商品の傾向<衣料品の場合は
若年層か中年層向けか
4>品揃えの状況<サイズ、メーカー>
5>価格帯
これだけ予備知識として持っていれば大丈夫
でしょう

後はどの用にキーマンと会うかです
商品を見ていると、必ず店員が
<いらっしゃいませ、どのような商品お探しですか>
話掛けてきます

その時がちゃんすですexclamation×2
店長<社長>さんおられますか
名前の聞ければ良いです

キーマンがいてれば直ぐに
取り次いで貰う
不在の場合は、名詞を渡し
次回伺いますと言い辞去します

初めてでこれだけの事できれば
最高ですが、

相手の事をまず考えて下さい

       

スポンサードリンク


私の営業方法を書きますと
1回目は顔を覚えてもらう
3回目の訪問でそろそろ
7回訪問してだめなら少し間をおき
戦略立て直します

営業マン2回目の訪問は50%以下
3回目の訪問は0に近いと言うデーター
が有ります
こつこつ人間性を認めて貰う努力えおしています

014189_li.jpg

| 営業戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。